銀行カードローンでお金を借りる

銀行カードローンでお金を借りる!

「お金を借りたいけど、消費者金融には抵抗がある……」

 

「信頼できる金融機関でお金を借りたい」

 

このように、お金を借りるのに慎重なあなたには、銀行カードローンをおすすめします。

 

「銀行の融資」と聞くと、事業者向けというイメージが強いかもしれませんが、カードローンや目的別ローンなど、個人向け融資も充実しているのです。

 

なかでもカードローンは、必要なときに必要な分だけお金を借りることができるので、生活費といった身近な出費にも活用できますよ。

 

今回は銀行カードローンのメリットや、その他の銀行ローンとの違いなどを紹介します。

 

銀行でお金を借りる方法は3つある

銀行でお金を借りる方法(個人向け融資)は、「銀行カードローン」「フリーローン(多目的ローン)」「目的別ローン」の3つあります。

 

銀行によってそれぞれの呼び方は多少違うかもしれませんが、各銀行にこのような個人向けのローン商品があるばすです。

 

3つのローンの特徴を簡単に比較して、表にしました。

 

カードローン フリーローン 目的別ローン
金利
資金使途の自由度 ×
追加借入 × ×
審査時間 ×
限度額

 

カードローンは3つの中で一番自由度が高く、審査時間も比較的短めなのが特徴です。

 

一方目的別ローンは低金利なのがメリットですが、審査に時間がかかるなどデメリットもあります。

 

フリーローンは、カードローンと目的別ローンのちょうど間くらいの使い方ができるローンです。

 

ではそれぞれのローンについて、詳しく見てみましょう。

 

銀行カードローン

カードローンは、専用のカードを使って、ATMなどから現金を引き出してお金を借りるキャッシング方法です。

 

カードローンといいつつも、現在では振込融資やアプリを使ってのキャッシングも主流となってきています(カードレスキャッシング)。

 

カードローンといえば、アコムやレイクといった消費者金融を連想しますよね。

 

銀行カードローンは消費者金融のように即日で融資をすることはできませんが、消費者金融よりも低金利でお金を借りることができるので、利息を節約したい人におすすめです。

 

本人確認書類と収入証明書があれば申し込み可能で、審査に通ればお金を借りることができます。

 

口座をすでに持っている銀行にカードローンを申し込むと、審査も比較的スムーズに終わるでしょう。

 

フリーローン(多目的ローン)

フリーローン(多目的ローン)は、カードローンと同じく、自由な使い方ができるローン。

 

カードローンと異なる点は、お金を借りるときに用途を申告しなければならないことと、一括融資であることです。

 

契約時に見積書や契約書、領収書などの提出をする必要があり、銀行はそれらの書類から使いみちと必要金額を確認します。

 

一括融資なので、カードローンのように限度額まで借りたり返済したりといった使い方はできません。

 

使いみちと必要な金額が決まっているなら、カードローンよりも低金利なフリーローンの方が、お得にお金を借りられます。

 

目的別ローン

目的別ローンは、使い道が具体的に決まっている場合に融資が得られるローン商品です。

 

目的別ローンというと、あまり聞き馴染みがないかもしれませんね。

 

銀行で借りる「住宅ローン」や「自動車ローン」は、この目的別ローンの一種です。

 

目的別ローンを以下にまとめました。

 

目的別ローン お金の使い道
住宅ローン ・住宅や土地の購入

・新築、中古マンションの購入
・家のリフォーム

自動車ローン ・新車や中古車の購入(バイクも可)

・修理
・パーツの購入
・免許の取得

教育ローン ・入学金

・受験料
・授業料
・塾、予備校の入学金、授業料
・留学費用
・資格などの取得

ブライダルローン ・結婚式

・披露宴
・新婚旅行

メディカルローン ・美容整形

・医療脱毛
・レーシック手術
・その他の医療行為、手術にかかる費用

デンタルローン ・インプラント

・歯科矯正

トラベルローン ・国内外の旅費、交通費

・宿泊費

※各銀行によって扱っていないローンもあります。

 

目的別ローンは、用途別に色々なローンがありますね。

 

こちらもフリーローンと同じく、見積書や請求書といった必要金額がわかる書類を提出する必要があり、審査にも時間がかかります。

 

また借りられる金額は、提出した見積書などから算出されて、必要な分だけ融資してもらえます。

 

用途がはっきりとしていることから、低い金利でお金を借りることができるので、その点ではメリットが大きいローンといえますね。

銀行でお金を借りるなら使い勝手がいいカードローンがおすすめ

銀行でお金を借りる3つの方法を簡単に比較し、紹介しました。

 

使いみちがはっきりと決まっていたり、必要な金額もある程度わかっているという人は、低金利でお金を借りられるフリーローンや目的別ローンをおすすめします。

 

「3万円だけ借りたい」という人や、「できるだけ早くお金を借りたい」という人は、自由度の高いカードローンがいいでしょう。

 

カードローンがある主な銀行をまとめました。

 

銀行カードローン 金利 最大限度額 自社の口座
楽天銀行

スーパーローン

年1.9%〜年14.5% 800万円 不要
三菱UFJ銀行

カードローン
「バンクイック」

年1.8%〜年14.6% 500万円 不要
みずほ銀行

カードローン

年2.0%〜年14.0% 800万円 必須
イオン銀行

カードローン

年3.8%〜年13.8% 800万円 不要
三井住友銀行

カードローン

年4.0%〜年14.5% 800万円 不要

 

これらのほかに、地方銀行でもカードローンを扱っているので、いつも利用している銀行に相談してみてもいいと思います。

 

銀行カードローンのメリット4つ

銀行カードローンは、使いみちを証明する書類を用意する必要はなく、審査に通れば限度額まで自由にお金を借りることができます。

 

そんな銀行カードローンでお金を借りるメリット4つを、詳しく紹介しましょう。

カードローンなら色々な使い方ができる

銀行カードローンのメリットは、色々な使い方ができることです。

 

審査の際に決まった限度額までなら、少額融資からまとまったお金まで借り入れができます。

  • 生活費が少し足りないとき
  • 冠婚葬祭で急な出費が立て続けにあったとき
  • 旅行先で手持ちの現金が足りなくなったとき
  • 趣味の釣り道具を揃えたいとき

契約さえ済ませておけば、こういった身近な出費に対して、必要な金額だけ借りることができるのです。

 

ただしカードローンを事業用の資金として使ったり、ギャンブルに使う目的でお金を借りることはできません。

 

申し込み時に使用目的を問われるので、誤って事業用やギャンブルにチェックしてしまわないように、注意しましょう。

 

事業用での融資が必要なら、別の融資方法を銀行に相談してください。

 

追加の融資もできる

フリーローンや目的別ローンは一括融資なのに対し、カードローンは限度額まで追加の融資ができます。

 

たとえば限度額が50万円だとすると、食費の足しに3万円借りて、翌日に習い事の月謝を支払うために2万円借りるということも自由にできるのです。

 

お金を借りるときは、とくに申告する必要はなく、お近くの銀行ATMか提携先のATMからいつでもお金を引き出すことが可能。

 

お金を借りなければ利息はつかないので、もしもの時に備えて契約だけ済ませておくこともできます。

 

負担は利息のみ

カードローンでお金を借りると、返済時に利息を払わなければなりませんよね。

 

フリーローンや目的別ローンも利息が発生します。

 

ただカードローンでお金を借りたときの負担は利息だけなのに対し、フリーローンや目的別ローンは、手数料や保証料といった、利息以外にもお金がかかる場合があるのです。

 

あなたの利用目的によっては、カードローンよりも低金利なフリーローンのほうがいいこともあるので、総合的に負担するお金を事前に算出してから申し込むことをおすすめします。

 

融資までが比較的早い

フリーローンや目的別ローンは、使用目的と必要金額を証明するために、請求書や見積書などの書類の提出を求められます。

 

銀行はそれらの書類をもとに融資金額を決めるので、どうしても審査に時間がかかってしまうのです。

 

早くて1週間はかかると見ていいでしょう。

 

一方カードローンは、銀行だと即日での融資ができないものの、最短翌日には審査結果を知ることができます。

 

カードローンは、3営業日から5営業日で借り入れができるでしょう。

 

どうしても今日お金を借りたいという人は、銀行カードローンではなく消費者金融のカードローンをおすすめします。

 

消費者金融なら最短30分、最短即日融資が可能です。

 

大手の消費者金融なら、過度な貸付けもなく安心してお金を借りることができますよ。

 

消費者金融 最短審査時間 金利(実質年率) 最大限度額
プロミス 30分 年4.5%〜年17.8% 500万円
アコム 30分 年3.0%〜年18.0% 800万円
レイクALSA 15秒※ 年4.5%〜年18.0% 500万円
アイフル 30分 年3.0%〜年18.0% 800万円
SMBCモビット 30分 年3.0%〜年18.0% 800万円

※ 8時10分から21時50分までにネット申し込みをした場合には、申し込み画面上ですぐに審査結果を確認できます。時間外の申し込みでは、メールにて審査結果の連絡があります。

 

銀行カードローンよりも金利が高くなってしまいますが、スピード重視なら消費者金融が一番です。

銀行カードローンの申し込み方法

あなたに合った銀行カードローンが見つかったら、さっそく申し込みをしましょう。

 

銀行カードローンでお金を借りるには、必要書類を提出して、審査に通らなければなりません。

 

また誰でも申し込めるわけではないので、銀行カードローンでお金を借りられる条件も一緒に見ておきましょう。

 

銀行カードローンでお金を借りる条件

銀行カードローンでお金を借りるには、条件があります。

 

各銀行の申し込み条件は次のとおりです。

 

銀行カードローン 申込条件
楽天銀行

スーパーローン

・満20歳以上62歳以下であること

(アルバイト・パートの方は60歳以下)
・日本国内に居住
・毎月安定した定期収入がある
・楽天カード株式会社、もしくは株式会社セディナの保証が受けられる

三菱UFJ銀行

カードローン
「バンクイック」

・満20歳以上65歳未満

・国内に居住
・原則、安定した収入がある
・アコム株式会社の保証が受けられること

みずほ銀行

カードローン

・満20歳以上66歳未満

・継続した安定収入があること
・株式会社オリエントコーポレーションの保証が受けられる

イオン銀行

カードローン

・満20歳以上65歳未満である

・日本国内に居住している
・本人に安定した継続収入が見込める
・イオンクレジットサービス株式会社、もしくはオリックス・クレジット株式会社の保証を受けられる

三井住友銀行

カードローン

・満20歳以上69歳以下である

・原則、安定した収入がある
・SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられる

 

各銀行の申し込み条件を見ると、「年齢」「収入」「保証会社」3つの条件を満たしている必要があることがわかります。

 

【年齢】申し込める年齢は20歳から60代後半まで

銀行カードローンは20歳以上でなければ、申し込むことができません。

 

まだ日本の法律で未成年の契約行為が認められておらず、未成年が交わした契約は、取り消しができるからです。

 

取り消しになった場合、未成年者は借入金の返還をしなければなりませんが、もし借入金を使ってしまいお金がない状態なら、返還する必要はありません。

 

そうなると、お金を貸した銀行は損をしてしまいますよね。

 

なので銀行では最初から「20歳以上」という条件を設けて、未成年にはカードローンの申し込みができないようにしているのです。

 

18歳ですでに働いていて、収入がある人でも銀行カードローンは申し込めないので、注意しましょう。

 

年齢の上限は銀行ごとに異なりますが、だいたい60代後半あたりを上限としている銀行が多いようです。

 

【収入】高収入よりも安定した収入を重視

カードローン審査において大事な審査基準は、お金を借りる人の収入です。

 

申し込み条件に、「毎月一定の収入がある人」としている銀行が多く、高収入かどうかよりも、毎月安定した収入があるかどうかを重視していることがわかります。

 

安定した収入があれば、正社員でなくてもかまいません。

 

パートやアルバイト、派遣社員や契約社員の方でも、申し込むことができます。

 

自営業の人でも申し込むことは可能ですが、収入の安定さでは会社員よりも低いので審査が厳しくなります。

 

また両親からの仕送りや年金、株やFXで投資をして得たお金などは安定した収入には入らないのでご注意を。

 

ちなみにカードローンの審査においては、勤続年数も収入が安定しているかどうかの目安となります。

 

とくに給与明細を収入証明として認めていない銀行カードローンは、勤続年数を重視しているので要注意です。

 

今の職場で働いて、まだ1年経っていないという人は審査が厳しくなるでしょう。

 

転職を控えている人は、今の会社を退職する前に手続きをする方が、審査に通りやすいですよ。

 

【保証会社】保証会社の保証を受けられる人

銀行カードローンの審査は、銀行だけが行うわけではありません。

 

各銀行の保証会社も、申込者の審査をするのです。

 

保証会社は消費者金融や信販会社が務める事が多く、銀行グループ内に消費者金融や信販会社がある場合は、その会社が指定の保証会社となることもあります。

 

保証会社の役割は申込者の審査をする他に、利用者の代わりに銀行に返済するという役割も担っています。

 

代位弁済といって、利用者の返済が滞ったときに、保証会社が利用者に代わって借金を返済するのです。

 

保証会社が代わりに返済したからといって、借金がチャラになるわけではなく、返済先が銀行から保証会社へと変わり、保証会社に返済するというかたちになります。

 

ちなみに楽天スーパーローンやイオン銀カードローンは、複数の保証会社に保証を依頼しています。

 

このようなカードローンは複数の保証会社のうち、どれか1社の審査に通ればいいので、審査に通る確率が高いといえますね。

 

銀行カードローンの申し込みに必要な書類

銀行カードローンの申し込むのに、店舗に行って申込書や契約書を書いたり、ハンコを押したりする必要はありません。

 

スマートフォンやパソコンから、Webで簡単に申し込むことができます。

 

申し込みの際に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書の2種類です。

 

銀行カードローン 本人確認書類 収入証明書
楽天銀行

スーパーローン

・運転免許証

・健康保険証
・パスポート
・その他(要確認)

・源泉徴収票

・課税証明書
・給与明細書
・確定申告書

三菱UFJ銀行

カードローン
「バンクイック」

・運転免許証

・健康保険証
・パスポート
・個人番号カード

・源泉徴収票

・住民税決定通知書
・納税証明書
・確定申告書

みずほ銀行

カードローン

・運転免許証

・運転経歴証明書
・パスポート
・健康保険証
・印鑑証明書
・住民票
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード

・源泉徴収票

・住民税決定通知書
・納税証明書
・確定申告書

イオン銀行

カードローン

・運転免許証

・パスポート

・源泉徴収票

・給与明細書
・住民税決定通知書

三井住友銀行

カードローン

・運転免許証

・パスポート
・個人番号カード
・住民基本台帳カード

・給与明細書

・源泉徴収票
・納税証明書
・所得証明書
・確定申告書

 

本人確認書類(全員提出)

銀行カードローンに申し込む人は全員、本人確認書類を提出する必要があります。

 

本人確認書類として認められているのは、運転免許証をはじめとする以下の書類です。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

など

 

運転免許証やパスポートといった顔写真があるものは1枚提出すればいいですが(※1)、健康保険証といった顔写真がないものは、その他の証明書も提出するよう求められることがあります。

 

銀行によって本人確認書類として認めているものが異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

※1運転免許証に記載されている住所と、現住所が異なる場合は別の書類も一緒に提出する必要があります。

 

収入証明書(求められた場合に提出)

収入証明書は50万円を超える融資を希望する場合や、提出を求められた場合に提出します。

 

融資希望額が少なければ、本人確認書類の提出だけで済むこともあります。

 

収入証明書書類として認められている書類は、次のとおりです。

 

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(※1)
  • 確定申告書
  • 課税証明書
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書

など

 

提出書類は最新のものを用意しましょう。

 

また本人確認書類と同じように、銀行によって収入証明として認められない書類もあるので、申し込む前に確認することをおすすめします。

 

※給与明細は収入証明書類として認められていない場合があります。勤続年数が1年未満でまだ源泉徴収票をもらっていない人は、高額融資の審査に通るのは難しいでしょう。

 

 

フリーローンや目的別ローンよりも高金利

カードローンは自由度が高いローン商品なので、利用目的が事前にわかって、それに見合った金額を一括融資するフリーローンや目的別ローンよりも金利が高く設定されています。

 

実際に三井住友銀行のカードローンと、フリーローン、マイカーローンで比べてみました。

 

ローンの種類 金利
カードローン 年4.0%〜14.5%
フリーローン(無担保型) 年5.975%
フリーローン(有担保型) 年2.775%または年2.975%
マイカーローン 年4.475%

※金利は2019年5月現在

 

カードローンの最高金利は14.5%と、他のローンと比べてかなり高いことがわかりますね。

 

カードローンで、他のローンよりも低金利でお金を借りようとしたら、500万円超の極度額で契約しなければいけませんが、三井住友銀行ではじめてカードローンを契約する人や、収入が少ない人は500万円を超える借り入れ審査にはまず通りません。

 

そうなると「金利が高い自由なカードローン」か、「金利が低く決まった金額しか借りられないフリーローンまたは目的別ローン」かどちらかを選ぶことになります。

 

利息の負担を考えると、高額融資を希望する人や、毎月少しずつ時間をかけて返済しようと思っている人はカードローンよりも低金利のフリーローンや目的別ローンを借りる方がいいでしょう。

 

すぐに返済する予定の人や少額融資を希望する人は、利息の影響がそれほど大きくないので、便利なカードローンがおすすめです。

 

カードローンは手軽さが原因で使いすぎる傾向にある

カードローンは、簡単に現金を引き出せることから、つい使いすぎてしまう傾向にあります。

 

ローンカードを使ってATMからお金を引き出す行為は、まるで自分の口座からお金をおろしているかのような手軽さです。

 

そのためちょっとしたことでも、すぐにお金を借りるようになってしまうといいます。

 

カードローンは借金ですから、必要以上に借りないようにしましょう。

 

借りすぎが不安な人は、希望借入額を最低限の金額におさえておくように心がけてください。

 

また借りたお金を全額返済するまでは追加融資しない、と決めておくのもいいと思います。

 

借りたお金を完済して、もうお金を借りる予定がないなら、解約まで済ませておくと余計な借入の防止になりますよ。

【まとめ】自由にお金を借りるなら銀行カードローン!高額融資なら他のローンを

いかがでしたか?

 

「カードローン」「フリーローン」「目的別ローン」からあなたに最適な借入方法が見つかったでしょうか?

 

いつでも気軽にお金を借りたりという人は、自由度の高いカードローンがおすすめです。

 

借入希望額が50万円以下なら、本人確認書類が手元にあればすぐに申し込みができます。

 

早ければ翌日には審査結果がわかるので、お急ぎの方も安心。

 

お金の使いみちが決まっていて、今後追加でお金を借りるつもりがないなら、フリーローンや目的別ローンを選ぶと、より低金利でお金を借りることができますよ。

 

とくに住宅購入や自動車購入といった高額融資の場合は、目的別ローンがベストです。

 

どのローンに申し込んだとしても、完済まできちんと返済管理ができるように計画的にお金を借りましょう。

このページの先頭へ戻る