即日融資

即日融資でお金を借りる方法!

「今すぐお金を借りる方法はありますか?」
「即日融資できるところを探しています」

 

今日中にお金を借りるなら、即日融資ができる消費者金融のカードローンへの申し込みをオススメします。

 

「即日融資という言葉を本当に信じていいの?騙されない?」と不安に感じている人もいますが、テレビCMで見るような大手消費者金融(アコムやアイフル、プロミスなど)なら、きちんと国の許可を得て営業しているので、安心して利用してください。

 

急いでいるからと言って、「審査なし!」や「ブラックOK!」という言葉に騙されないように。
闇金に手をだしてしまったら、抜け出すまでが大変ですよ。

 

即日融資でもカードローン審査は必ず行われますから、審査に最短30分、融資までは最短1時間ほどかかると思ってください。

 

消費者金融カードローンは、Webからの申し込みが24時間可能ですから、お急ぎの方はスマホやパソコンからできるだけ早く申し込みを始めましょう。

 

ただし、焦りは禁物です。

 

この記事では、即日融資を受けたいときに、できるだけスムーズにお金を借りる方法を紹介しています。

 

お急ぎかとは思いますが、審査に通るために、準備を整えてから申し込みましょう。

 

このページの目次

即日融資でお金を借りる!最短30分審査のおすすめカードローン3社

即日融資で一番早くお金を借りるなら、大手消費者金融のカードローンがおすすめ。

 

最短30分の審査で、即日融資が可能です。

 

とくにアイフル、アコム、プロミスの3社はスピード審査に定評があり、お急ぎの方におすすめしたいカードローンです。

 

金利や限度額、借り入れ方法といったサービス内容に多少違いがあるので、比較してから申し込むといいでしょう。

 

比較のポイントは、3つあります。

 

  1. 審査受付時間と自動契約機の営業時間
  2. 借り入れ方法
  3. 各社のサービス

 

即日融資でお金を借りるなら、1と2は必ずチェックしてください。

 

1と2を確かめたうえで、決めかねるようならサービス内容で決めるといいでしょう。

 

まずひとつ目ですが、審査受付時間内に申し込む必要があり、さらにカードを受け取るなら自動契約機の営業時間内に自動契約機に行く必要があるので、それぞれの時間を確認してから申し込んでくださいね。

 

消費者金融 審査受付時間 自動契約機の営業時間
アイフル 9:00〜21:00 8:00〜22:00
アコム 9:00〜21:00 8:00〜22:00

(自動契約機「むじんくん」または三菱UFJ銀行カードローンコーナー)

プロミス 9:00〜21:00 8:00〜22:00

9:00〜21:00(三井住友銀行内ローン契約機)

※自動契約機の営業時間は、店舗によって異なります。

 

では次に各社の借入方法と、サービス内容についてそれぞれ紹介します。

 

プロミスから即日融資でお金を借りる

3社の中で一番低金利なプロミスから、即日にお金を借りる方法は次の3つです。

 

  1. Webで申し込み、自動契約機(専用・三井住友銀行内)でローンカードを受け取りキャッシングする
  2. Webで申し込み、「アプリローン」を使ってセブン銀行ATMからお金を借りる
  3. Webで申し込み、「瞬フリ(振込融資)」でお金を借りる

 

プロミス専用の自動契約機または、三井住友銀行内のローン契約機で契約とローンカードの発行が可能です。

 

プロミスの自動契約機に入るのに抵抗がある方は、三井住友銀行のローン契約機を利用するのもいいかもしれません。

 

ただし営業時間が、専用の自動契約機が9時から22時なのに対し、三井住友銀行内のローン契約機は9時から21時までなので、営業時間ギリギリに利用する場合は注意してください。

 

プロミスのアプリローンを選べば、Webで申し込みから契約まで済ませ、スマートフォンにアプリをダウンロードすることで、セブン銀行ATMで24時間365日キャッシングが可能となります(メンテナンス時間を除く)。

 

審査受付時間だけ気にしておけば、即日融資も無理なくできますよ。

 

カードレスなので、ローンカードを管理する煩わしさもありません。

 

またプロミスのアプリローンなら、アプリからカードローンの申し込みや書類提出もできます。

 

さらにプロミスでは、振込融資にも対応。

 

瞬フリといって、モアタイムシステム導入の銀行口座へなら、24時間365日最短10秒で振込融資ができます。

 

三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、楽天銀行など、24時間対応可能な銀行はたくさんあるので大変便利です。

 

プロミス
金利 4.5%〜17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
特徴

・初回利用日の翌日から30日間の無利息期間(初回申込者限定)
・「アプリローン」でセブン銀行ATMからキャッシング可能
・アプリ限定のクーポンで優待サービスが受けられる
・「瞬フリ」で多数の銀行に最短10秒振込
・専用ATMと三井住友銀行ATM以外は利用手数料がかかる(取引金額1万円以下 108円/1万円超 216円)

 

アコムから即日でお金を借りる

アコムでスムーズに即日融資を受ける方法は2つ。

 

  1. Webで申し込み、自動契約機(むじんくん)でローンカードを受け取りキャッシングする
  2. Webで申し込み、振込融資してもらう(楽天銀行ATMなら24時間最短1分)

 

アコムではスマホアプリでのキャッシングに対応していないので、自動契約機(むじんくん)でローンカードを受け取るか、振込融資をしてもらう方法の2択となります。
自動契約機(むじんくん)の営業時間は22時までなので、20時には申し込みを済ませておけば、余裕をもってローンカードを取りに行くことができるでしょう。

 

あとは併設されている専用ATMか、提携ATMを利用すれば申し込み当日にお金を借りることができます。

 

アコムの振込融資は、お持ちの口座がモアタイムシステムを導入した銀行であれば、土日祝日の即日融資も可能です。

 

金融機関によって、即日融資ができる時間が異なりますが、楽天銀行の口座へなら24時間いつでも、申し込みから最短1分で振込融資ができます。

 

三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行も、平日なら申し込んだ当日にお金を振り込んでもらうことができますよ。

 

アコム
金利 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
特徴

・契約日の翌日から30日間の無利息期間(初回申込者限定)
・三菱UFJ銀行内のカードローンコーナーでも手続きが可能
・楽天銀行の口座なら土日祝日も24時間、最短1分で振込融資可能
・専用ATM以外は利用手数料がかかる(取引金額1万円以下 108円/1万円超 216円)

 

アイフルから即日融資でお金を借りる

アイフルで即日融資を受ける、スムーズな方法は3つあります。

 

  1. Webで申し込み、自動契約機でローンカードを受け取りキャッシングする
  2. Webで申し込み、スマホアプリを使ってセブン銀行ATMからお金を借りる
  3. Webで申し込み、振込融資でお金を借りる

 

自動契約機でローンカードを受け取る方法は、近くに自動契約機があるという人におすすめです。

 

自動契約機でも申し込みができますが、審査の間少なくとも30分は外に出ることができません。

 

それなら、Webで申し込みから契約までを済ませてから、ローンカードだけ自動契約機で受け取る方が時間を有効に使えます。

 

カードさえ受け取れば、自動契約機に併設されているATMや、コンビニATMなどですぐにお金を借りることができますよ(コンビニATMなら24時間融資可能)。

 

「近くに自動契約機がない」「ローンカードはいらない」という人は、スマホアプリを使ってのキャッシングがおすすめ。

 

セブン銀行ATMでのみ使えるキャッシング方法ですが、わざわざローンカードを取りに行ったり、持ち歩いたりする必要がないので、大変便利です。

 

もちろん24時間営業のセブン-イレブンに設置されているATMなら、原則24時間365日お金を借りることができます(メンテナンス時間を除く)。

 

最後に振込融資についてですが、平日の14時10分までに申し込むことができれば、申し込んだ当日に、お金を振り込んでもらえます。

 

土日祝日や夜間の振込融資はできません。

 

「平日はどうしても手続きができない」という人は、スマホアプリでの借り入れが便利です。

 

アイフル
金利 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
特徴

・契約日の翌日から30日間の無利息期間(初回申込者限定)
・スマホアプリのキャッシングに対応
・専用ATM以外は利用手数料がかかる(取引金額1万円以下 108円/1万円超 216円)

土日祝日の即日融資!週末でも当日にお金を借りる方法

「土曜日や日曜日、祝日でも即日融資できるの?」

 

多くの金融機関は土日祝日がお休みなので、カードローンの申し込みも平日しかムリなのでは?と思っている人も多いようです。
消費者金融のカードローンなら、土日祝日でも即日融資ができます。

 

上記で紹介したアコム、アイフル、プロミスでも、もちろん週末の即日融資が可能。

 

ただ、土日祝日での即日融資で問題になるのが、在籍確認です。

 

在籍確認とは、申込み内容に書かれている勤務先に、申込者が在籍しているかどうかを、カードローン会社が直接電話をかけて確かめることをいいます。

 

在籍確認は、本人が電話に出る必要はありません。

 

会社の人が電話に出て「〇〇は只今席をはずしております」や「本日は休みを取っておりまして、明日出社するのですが…」といったように、在籍していることが確認できる返答があれば在籍確認が完了となります。

 

なので土日祝日でも必ず誰かが電話に出られる状態なら問題ありません。

 

ですが「土日祝日は会社が休みで電話対応をしていない」という会社なら、土日祝日に電話をかけても誰も出ず、在籍確認ができないことに…。

 

そうなると、土日祝日の即日融資が難しくなります。

 

そんなときは、次の2つの方法で解決しましょう。

  1. 申込み後すぐにコールセンターに電話して、会社が休みのため電話での在籍確認ができないことを相談する。
  2. 電話での在籍確認なしでも、即日融資ができるカードローンに申し込む。

1つ目の解決方法は、コールセンターに相談すること。

 

会社が休みで在籍確認ができないのは、あなたの会社だけではありません。

 

カードローン会社も、今までに同じような事例に数多く対応しているので、相談に応じてくれるはずです。

 

迷ったときは、とにかくコールセンターに電話してみましょう。

 

そして2つ目の解決方法は、電話以外の方法で在籍確認ができるカードローンに申し込むことです。

 

この方法は、平日でも「会社に在籍確認の電話をかけてほしくない」という人にもおすすめします。

 

そして電話以外の方法で在籍確認をしてくれるカードローンは、SMBCモビットです。

 

SMBCモビットのWEB完結は土日に会社が休みでも在籍確認できる

SMBCモビットは、大手消費者金融の中で唯一、電話以外の方法でも在籍確認をしてくれます。

 

そのため土日祝日は会社が休みで、在籍確認の電話に対応する人がいなくても、即日審査が可能というわけです。

 

ただしSMBCモビットに申し込んだ人全員が、電話での在籍確認が不要になるわけではありません。

 

「WEB完結」という申し込み方法で申し込んだ人のみ、電話以外の在籍確認が可能となります。

 

SMBCモビットのWEB完結で即日融資ができる条件

SMBCモビットの申込み方法は、一般的な申込み方法である「カード申込」と「WEB完結申込」の2つあり、在籍確認を電話以外の方法で行うには「WEB完結申込」で申し込む必要があります。

 

「WEB完結」での申込対象者は、以下の2つの条件を両方とも満たしている人に限られるので、確認しておきましょう。

  1. 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人
  2. 社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)もしくは組合保険証を持っている人

電話での在籍確認が不要となるポイントは、2の社会保険証と組合保険証です。

 

2つのうちどちらかを持っているということは、企業に勤めている証明となるため、電話での在籍確認の代わりとなるのです。

 

そのため社会保険に入っていないアルバイトの人(勤務時間が長い人は社会保険に入っているかもしれません)や、国民健康保険に加入している自営業の人は「WEB完結申込」で申し込むことができません。

 

SMBCモビットのWEB完結を申し込むときの注意点

SMBCモビットのWEB完結で申し込む際の注意点は、2つあります。

  1. 借り入れと返済が三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座でのみ可能
  2. 後からのローンカード発行ができず、振込融資での対応のみとなる

WEB完結での申し込み条件として、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っている人に限定しています。

 

そしてお金を借りるときは、3つのうちのいずれかに振込融資するかたちでの融資となり、返済するときも3つの口座からの口座振替で返済することになるのです。

 

もちろん口座をつくってから、SMBCモビットのWEB完結で申し込むこともできますが、口座開設に時間がかかるので、急いでいる人には向いていません。

 

また振込先口座によっては、メンテナンス時など時間帯によって即時に入金が反映されない場合があります。

 

2つ目の注意点は、ローンカードの発行がないことです。

 

ローンカードが発行されないので、お金を借りるときはいつも振込融資となります。

 

現金が必要なときは、銀行やコンビニなどにある全国の提携ATMから、銀行キャッシュカードでお金を引き出すことになるので、覚えておきましょう。

 

またWEB完結での申し込みができない場合は「カード申込」となるのですが、カード申し込みはカードの受取と、SMBCモビットからの郵便物が届くので注意してください(ローン申込機またはローン契約機でカードを受け取ることもできます)。

即日融資を申し込むときの必要書類

申し込むカードローンが決まったら、さっそくカードローンの申し込みをしたいところですが、その前に、申し込み時に必要な書類が揃っているかどうかを確認しましょう。

 

カードローンの申し込みに必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類です。

 

本人確認書類は、申し込む人全員が提出しなければなりません。

 

収入証明書類は、希望限度額が50万円を超える人や、カードローン会社に求められた場合に提出する必要があります。

 

本人確認書類(申し込む人全員)

本人確認書類として認められている書類をまとめました。

 

以下の書類のうちからいずれかひとつを選んで、提出してください。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証+現住所が確認できる書類(住民票、公共料金の領収書、納税証明書など)

 

マイナンバーカードも本人確認書類として認められていますが、マイナンバーカードを発行する前の「通知カード」は、本人確認書類として認められていないので注意しましょう。

 

もし提出書類に記載されている住所が現住所と異なるなら、現住所が確認できる書類(住民票、公共料金の領収書、納税証明書など)も一緒に提出してください。

 

収入証明書類(希望限度額が50万円を超える人)

申し込むときに、50万円を超える希望限度額を記入する場合、または他社からの借り入れ金額と希望限度額の合計が100万円を超える場合は、本人確認書類に加えて収入証明書類も準備しましょう。

 

また申し込み後、カードローン会社に提出を求められる場合もあります。

 

以下の書類の中から、いずれか1点を提出してください。

 

  • 源泉徴収票(最新年度)
  • 給与明細書(直近2ヶ月)
  • 住民税決定通知書(最新年度)
  • 所得証明書(最新年度)
  • 確定申告書類(最新年度)

 

これらの書類が手元にない場合は取り寄せるのに時間がかかるので、即日融資は難しいかもしれません。

 

その際は希望限度額を、収入証明書類がいらない金額まで下げて申し込むことをおすすめします。

即日融資でお金を借りる手順!申し込みから借り入れまで

即日でお金を借りるなら、申し込みから借り入れまでの手順をできるだけスムーズに進めたいですよね。

 

そこで即日融資を希望する人に向けた、お金を借りる手順を紹介します。

 

早く手続きが終わる手順を知っておけば、最短30分で審査が終わり、最短1時間で融資を得ることができますよ。

 

 

【申し込み】スマホからのWeb申し込みが早い

カードローン会社が決まり、必要書類の準備もできたら、申し込みを始めましょう。

 

申し込み方法はカードローン会社によって異なりますが、「Web申し込み」「電話」「自動契約機」「郵送」「FAX」から申し込むことができます。

 

なかでも「Web申し込み」はどのカードローン会社も24時間365日受け付けており、あなたがどこにいてもスマートフォンやパソコンから申し込むことができるので、大変便利です。

 

自動契約機での申し込みも比較的早く対応してくれるので、即日融資を希望する方におすすめしますが、自動契約機で申し込むと審査の間、少なくとも30分は自動契約機の中にいなければなりません。

 

「審査を待っている時間がもったいないな」と思ったら、少なくとも申し込みだけはWebで済ませて、残りの手続きを自動契約機で済ませるのもいいでしょう。

 

できるだけ早くお金を借りたいときはどうしても気持ちが焦ってしまいますが、申し込み内容を書き間違ってしまうと、審査時間が余計にかかってしまうので、慎重に記入してください。

 

また即日融資を希望するなら、審査可能時間にも要注意。

 

9時から21時が審査受付時間となっているので、余裕を見て20時までには申し込みを済ませたいですね。

 

【審査】消費者金融カードローンなら最短30分

申し込みが終わったら、審査がはじまります。

 

大手の消費者金融なら、審査は最短30分で完了。

 

あくまで最短なので、場合によっては30分以上かかることもあります。

 

審査受付時間ギリギリで申し込むと、翌日以降の融資となる可能性もあるので、できるだけ早く申し込みましょう。

 

最近では審査にコンピューターを導入し、申し込みから10秒程度で簡易の審査結果を画面表示するカードローンもあります。

SMBCモビット(カード申込)

10秒で簡易審査の結果が表示されます。
申込み内容からコンピューターが瞬時に審査をするので、申込完了画面にすぐに結果を表示することができるのです。
ただしこの審査結果は、簡易審査の結果となります。
信用情報の確認や在籍確認などにより、本審査で審査に落ちることもあるのです。

 

レイクALSA

8時10分から21時50分まで(毎月第3日曜日は8時10分から19時まで)に申し込めば、最短15秒で申込完了画面に審査結果が表示されます。
上記の時間外ですと、翌営業日にメールや電話で審査結果が通知されます。

約10秒で審査の結果を表示できるのは、申込み内容をコンピューターが瞬時に点数化して、そのスコアを元に融資できるかどうかを判断しているから。

 

ただコンピューターは在籍確認をしたり、信用情報の確認をしたりはできないので、「仮審査」の結果が表示されているということです。

 

申込完了画面で審査通過の結果が出ても、本審査の過程で問題があると審査に落ちることもあるので、本審査に通過するまでは安心できません。

銀行カードローンは即日融資ができません。
銀行カードローンの場合、申込者の情報を警察庁のデータベースに照会しなければならず、翌営業日以降でなければ審査結果を通知することができないのです。
即日融資を希望するなら、消費者金融のカードローンを選びましょう。

【契約】Webか自動契約機での契約がオススメ

審査通過の通知がきたら、最後に契約をします。

 

一番手軽に契約を済ませるなら、Webで契約するのがいいでしょう。

 

振込融資やアプリを使ったキャッシングでお金を借りるなら、来店不要で契約を済ませることができます。

 

ローンカードを受け取るなら、自動契約機で契約を済ませるのもおすすめです。

 

自動契約機の営業時間内なら、契約、カードの受け取り、併設のATMからのキャッシングまでその場で済ませることができますよ。

 

【借り入れ】即日融資ならアプリか振込融資が早い

申し込んだ当日にお金を借りるなら、アプリでのキャッシングか、振込融資がおすすめです。

 

アプリを使ったキャッシングができる大手消費者金融は、アイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクALSAです。

 

すべてセブン銀行ATMから、キャッシングが可能となっています。

 

24時間営業のセブン-イレブンに設置されているATMなら、メンテナンス時を除き原則24時間365日お金を借りることができるので大変便利です。

 

カードを持ち歩かなくてもいいので、急に現金が必要になったときでも安心ですね。

 

家賃やクレカの請求など、銀行口座からの引き落としに備えてお金を借りるなら、振込融資の方がいいでしょう。

 

大手の消費者金融は、すべて振込融資に対応しています。

 

最近ではモアタイムシステムを導入した金融機関が増えており、導入した銀行口座への振込が24時間いつでも即時で反映されるようになりました(カードローン会社や振込先口座によっては24時間即入金ができない場合もあります)。

 

「カードローンアプリをダウンロードするのは抵抗がある」「なんだかんだでカードを使うのが一番ラク」という人は、お近くの自動契約機でローンカードを受け取って、お金を借りましょう。

 

郵送にしてしまうと、カードが届くまでに数日かかり、即日融資ができなくなってしまうので注意してください。

 

即日融資の手順おさらい

  1. スマホからWebで申し込む

    (審査受付時間は9時から21時。入力ミスに注意。)

  2. 審査結果を待つ

    (消費者金融なら最短30分。)

  3. Webまたは自動契約機で契約する

    (アプリまたは振込融資はWeb契約。カードを発行するなら自動契約機で契約すると早く受け取れる。)

  4. お金を借りる

    (アプリはセブン銀行ATMで24時間利用可能。振込融資でも24時間即時で振込可能な場合あり。)

即日融資できないこともある!カードローンに申し込むときの注意点7つ

「即日融資が可能な消費者金融に申し込んだのに、お金を借りることができなかった」

 

すぐにお金が必要なのに、即日融資をしてもらえなかったら大変ですよね。

 

即日対応の消費者金融であっても、場合によっては即日融資ができない場合もあります。

 

これから紹介する7つの注意点は、即日融資を邪魔されないための大事なポイントですので、ぜひ参考にしてください。

 

1. 当日の審査受付時間を過ぎてから申し込んではいけない

Webからの申し込みは、24時間365日いつでも可能です。

 

ですが審査は24時間行っていません。

 

各消費者金融の審査受付時間は次の通りです。

 

消費者金融 平日の審査時間 土日祝の審査時間
プロミス 9:00〜21:00 9:00〜21:00
アコム 9:00〜21:00 9:00〜21:00
アイフル 9:00〜21:00 9:00〜21:00
レイクALSA 8:10〜21:00 8:10〜18:00※1
SMBCモビット 9:00〜21:00 9:00〜21:00
ノーローン 9:00〜20:30 9:00〜20:30
J.Score 9:00〜19:00 -

※1 毎月第3日曜日は8:10〜18:00まで。

 

アイフル、アコム、プロミス、SMBCモビットは9時から21時が審査受付時間となっています。

 

レイクALSAの審査時間が一番長くて、8時10分から21時50分まで対応。

 

それぞれの審査時間を過ぎてしまうと、即日融資ができないので、注意してください。

 

2. 必要書類は申し込む前に揃えておく

カードローンを申し込む前に、必要な書類はすべて手元に置いておきましょう。

 

もちろん申し込み手続きをスムーズにする目的もありますが、申し込む前に必要書類がすぐに用意できないとわかれば、カードローン以外の方法でお金を借りるなど、すぐに対策を立てることができますよね。

 

50万円以上の融資を希望する場合や、他社借り入れと合わせて100万円を超えてしまう場合は収入証明書が必要となりますが、収入証明書がすぐに用意できないときは、希望金額を下げて申し込むのも方法のひとつです。

 

借り入れ希望金額が高いほど審査に時間がかかる傾向があるので、本当に必要な金額だけ借りることをおすすめします。

 

3. 会社の休業日で在籍確認が取れないと即日融資が難しい

カードローンに申し込む日が会社の休業日である場合は、即日融資が難しくなります。

 

なぜなら金融機関があなたの勤務先に在籍確認の電話をかけたとき、誰も電話に出なければ在籍確認ができないからです。

 

在籍確認は審査において必ず行わなけれなならないため、在籍確認ができないと融資はできません。

 

対策としては、電話以外の方法で在籍確認ができるSMBCモビットのカードローンを「WEB完結」で申し込むか、アイフルまたはアコムに申し込んで、別の方法で在籍確認ができないかどうか相談する方法があります。

 

ただしSMBCモビットのWEB完結に申し込むには、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っていることと、社会保険証もしくは組合保険証を持っていることが条件です。

 

4. 審査に落ちた当日に他社の申し込みは危険

消費者金融のカードローン審査に通る人の割合は、多くても約50%。

 

以下の表は各消費者金融の成約率(申込者数のうち、契約した人の割合)をまとめたものです。

消費者金融 成約率
アコム 43.9%
プロミス 45.4%
アイフル 45.4%
レイクALSA 29.73%

※ 2018年4月〜2019年2月までのIR情報をもとにした平均値。レイクALSAは2018年4月〜2018年12月までの値。
つまり申込者のうち、半数以上の人は契約していないということ。もちろん審査に落ちて、契約ができなかったという人も多いでしょう。

 

カードローンの審査に落ちてしまった場合、また他のカードローン会社に申し込む人もいるかもしれませんが、それはオススメできません。

 

信用情報機関には、カードローンを申し込んだ時点で情報が記録されます。

 

カードローンの審査に落ちてすぐに、また別のカードローン会社に申し込むことを繰り返すと、その記録を見た審査担当者は「他社では借りられないほど信用度が低い」「相当お金に困っている。今お金を貸してもきちんと返済されない可能性が高い」と判断し、余計に審査に通らなくなってしまうのです。

 

同じ理由で、同時に複数社のカードローンに申し込んでもいけません。

 

もし複数社に申し込むのであれば1ヶ月に2社までに抑え、もし2社とも審査に通らなかったら次の申込みまで6ヶ月待ちましょう。

 

申し込みの記録は6ヶ月経てば消えるので、申し込み記録がない状態で新たに申し込むことができます。

 

もしカードローン審査に落ちたけど、今日中にお金を借りる必要があるなら、カードローン以外の方法を探しましょう。

 

5. すでに他社で借り入れがあると審査に通らない可能性がある

すでに他社からお金を借りている場合は、借入件数や借入金額によって審査に通らない可能性もあります。

 

他社の借入件数は、多ければ多いほど審査に通るのが難しくなります。

 

たとえば1社から100万円を借りているAさんと、2社から60万円と40万円を借りて合計100万円を借りているBさんとでは、Bさんの方が審査に落ちる可能性が高いということです。

 

これは、借入件数が多いと返済能力が低いと判断されるから。

 

Bさんの借入先が2社あるのは、1社から100万円を借りられないほど、返済能力がないからだと判断されてしまうのです。

 

他社借入件数が1社2社までならまだ借りられる可能性は高いですが、3社を超えると要注意。

 

5社以降は審査に通らないと考えていいでしょう。

 

さらに他社借り入れがあると審査に通らない理由として、総量規制があります。

 

消費者金融での借り入れは、総量規制により年収の3分の1までと決められています。

 

総量規制には消費者金融での借り入れのほかに、信販会社(クレジットカード会社)のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠での借り入れも含まれ、これらすべての合計金額が年収の3分の1を超えてはいけません。

 

他社に借り入れがあるということは、すでに総量規制いっぱいの金額を借りている可能性もありますよね。

 

そうなるとさらにお金を貸すことはできないので、審査に落ちてしまうかもしれないのです。

 

他社にも借り入れがあり、完済できそうな借り入れがあれば、それを優先して完済してから申し込むことをおすすめします。

 

またおまとめローンを利用して、借入件数を減らすのも効果的です。

 

6. 自動契約機の営業時間が終了したらカード発行ができない

ローンカードの発行を受けてお金を借りようとしている人は、自動契約機の営業時間に注意してください。

 

ローンカードの受け取り方法は、自動契約機に取りに行くか郵送してもらうという方法があります。

 

郵送は日数を要しますから、即日融資を希望する人は自動契約機に取りに行かなければなりません。

 

ただ自動契約機は営業時間が決まっている(22時まで、店舗によって異なる)ので、営業時間に間に合うように申し込みをして、契約まで済ませる必要があります。

 

仕事などで日中に自動契約機に行くことができないという人は、空き時間にスマホで契約まで済ませて、ローンカードの受け取りのみの状態にしておくといいでしょう。

 

またカードは不要だけど、現金を借りられるようにしておきたいという場合は、専用アプリを使ってセブン銀行ATMからキャッシングができるアイフル、プロミス、レイクALSAなどのカードローンを選ぶといいですよ。

 

7. 振込融資は銀行口座によって即日融資ができない場合がある

少し前までは、「振込融資の申し込みは14時30分まで!」というのが常識でしたが、モアタイムシステムの普及により、多くの銀行口座は営業時間外でも即時入金が可能となりました。

 

消費者金融からの振込融資も、即時入金が可能な時間帯や対象の金融機関が増えています。

 

営業時間外における振込融資の対応状況は次のとおりです。

プロミス ほとんどの金融機関に最短10秒で振込融資が可能。
アコム

楽天銀行の口座へは24時間最短1分で融資。
三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、その他モアタイムシステム対応の金融機関へは、一部の時間帯ですぐに振込み可能。
その他の金融機関は翌営業日以降の振り込みとなる。

アイフル

営業時間外の振込融資には対応していない。
銀行の翌営業日に振り込みが実施される。

レイクALSA ほとんどの金融機関に営業時間外の振込融資が可能。
SMBCモビット 振込先の金融機関の受付時間によって異なるが、時間帯によっては即振込可能な場合がある。

※メンテナス時は入金が反映されません。
※2019年5月現在の情報です。今後変更になる場合もあります。
※詳しい時間帯は、各消費者金融の公式サイトを確認するのが確実です。

 

アイフルは残念ながら平日14時10分までに申し込まないと、即日の振込融資はできません。

 

アコムは楽天銀行のみ、24時間いつでも1分で振込融資ができます。

 

プロミスとレイクALSAは、即時振込に対応している銀行が多いので、主に振込融資での利用を考えている人は、こちらの2社をオススメします。

 

各消費者金融の銀行ごとの振込融資ついては、公式サイトで随時確認できますよ。

即日融資でお金を借りる方法は消費者金融以外にもある

「カードローンでお金を借りるのは、やっぱり抵抗がある」
「カードローンに申し込んだけど審査に落ちた」

 

このような人が今日中にお金を借りるなら、カードローン以外の方法を選ぶしかありません。

 

そこでカードローン以外で即日融資を受ける方法を2つ、提案したいと思います。

 

ちなみに家族や友人からお金を借りるのが早いかもしれませんが、関係悪化を心配する人も多いと思うので、除外しました。

1. クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

クレジットカードにキャッシング枠があるのをご存知でしょうか?

 

普段クレジットカードを利用するときは、決済のときに使いますよね。

 

実は決済だけでなく、クレカにはATMから現金を借りる機能があるのです。

 

クレカのキャッシング枠は、事前申し込みや審査を受ける必要がなく、手持ちのカードでATMからすぐに現金を借りることができます。

 

正直なところ、消費者金融でお金を借りるよりも早くお金を借りることができますよ。

 

「キャッシング枠を設定した覚えはないけど…」という場合でも、契約時に自動的に設定されている可能性があるので、確かめてみるといいでしょう。

 

ただしキャッシング枠とショッピング枠の限度額は共有していることが多く、その場合すでに限度額ギリギリまでカード決済をしているという人は、お金を借りることはできません。

 

またキャッシング枠の返済は一括である場合もあるので、返済方法もきちんと確認してから利用することをおすすめします。

即日発行のクレジットカードもある

クレジットカードは、発行までに時間がかかるイメージがありますよね。

 

クレジットカードを作るには、カードローン同様審査をする必要があるからです。

 

ですがなかには、申し込んだその日に受け取れるクレカもあります。

 

たとえばアコムのACマスターカードは、アコムの自動契約機(むじんくん)で受け取りが可能。

 

またマルイでのお買い物に便利なエポスカードも、エポスの店舗で受け取ることができます。

 

ただし審査があるので、早めに申し込みをして、自動契約機やお店の営業時間内に受け取りましょう。

 

2. 質屋に私物を預けてお金を借りる

もし自宅に高級な時計やアクセサリー、ブランドバッグなどがあれば、質屋に預けることですぐにお金を借りることができます。

 

質屋に預ける品を持ち込めば、その場で査定してくれるので即日融資も可能です。

 

質屋でお金を借りるメリットは、品物さえあればだれでもお金を借りることができるということです。

 

4件以上の他社借り入れがあっても、総量規制を超える借金があっても、債務整理をした過去があっても、預ける物があればそれを担保にお金を借りることができます。

 

もし借りたお金を返す事ができなかった場合は、預けた品物の所有権が質屋に移ってしまう代わりに、取り立てなどがありません。

 

ただし質屋は貸金業者ではなく、質屋営業法に則って営業しているため、カードローンに比べて金利の上限がべらぼうに高くなります(年利109.5%!カードローンは年利20%が上限)。

 

相当大事なものでないのなら、最初から質屋に売ってしまった方がいいかもしれません。

即日融資でなくてもいいなら低金利の銀行カードローンもオススメ

「本当は今日がいいけど、遅くても今週中に借りることができたら大丈夫。」

 

このような人は、消費者金融よりも低金利な銀行カードローンも検討してみてください。

 

とくに借り入れ金額が高額になる人や、返済期間が長期になる人はできるだけ金利が低いカードローンをオススメします。

 

主な銀行カードローンの金利や、その他の基本情報をまとめたので、カードローン選びの参考にしてください。

銀行カードローン 金利 自動契約機 口座開設

三井住友銀行
カードローン

年4.0%〜年14.5% あり 不要

三菱UFJ銀行
カードローン
「バンクイック」

年1.8%〜年14.6% あり 不要

みずほ銀行
カードローン

年2.0%〜年14.0% なし 必要

楽天銀行
スーパーローン

年1.9%〜年14.5% なし 不要

イオン銀行
カードローン

年3.8%〜年13.8% なし 不要

銀行カードローンで審査結果が出るのは、最短で翌営業日です。

 

審査に問題がなければ、多く見積もって1週間以内には借り入れができるようになるでしょう。

 

銀行カードローンも24時間ネットで申し込みが可能ですが、審査は営業時間内でしか行われません。

 

土日祝日や夜間にネットで申し込みをしても、翌営業日にならないと審査は行われないということです。

 

なので銀行カードローンに申し込むときは時間に余裕があるかどうか、確認してから申し込みましょう。

 

また銀行カードローンの申し込みには、みずほ銀行カードローンのように口座開設が必要な場合もあります。

 

すでに口座開設済みですと、申し込みや審査の時間が短縮できる場合もあるので、口座を持っている銀行のカードローンに申し込むのもおすすめです。

 

普段利用している地方銀行でも、カードローン商品があると思うので、あなたにとって一番使い勝手のいい銀行で検討するといいでしょう。

 

口座不要でほぼ24時間振込融資が可能な楽天銀行スーパーローン

カードローンMODEがおすすめする銀行カードローンは、楽天銀行スーパーローンです。

 

楽天銀行の口座があれば、24時間365日いつでも即時で振込融資をしてもらうことができます。

 

24時間振込融資以外のオススメポイントは3つ。

  • 口座開設が不要!普段使っている銀行口座への振込融資に対応
  • ほとんどのコンビニでATM利用手数料が0円
  • 楽天会員のランクに応じて審査の優遇あり

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行の口座を持っていなくても利用できます。

 

平日の0時10分から14時45分までに振込の申込みをすれば、他行への即日融資も可能です。
振込手数料は無料なので、必要なときに気軽に融資を申し込むことができますね。

 

ローンカードを受け取れば、提携先のATMから現金を引き出すこともでき、ほとんどのコンビニATMは手数料無料でお金を借りることができます(一部有料あり。お近くのATMは公式サイトで簡単に検索可能)。

 

すでに楽天会員の人は、会員のランクによって審査の優遇があるので、他の銀行よりも好条件でお金を借りることができますよ。

 

※掲載内容は2019年5月現在の情報です。

 

銀行カードローンが即日融資できない理由

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは、即日融資ができないということです。

 

これは地方銀行でも、メガバンクでも同じことがいえます。

 

即日融資ができない理由は、2018年1月からカードローン申込者の情報を、警察庁のデータベースに照会することが義務付けられたからです。

 

その目的は、反社会的勢力に銀行のお金が流れないようにすること。

 

2013年頃に某大手銀行が、反社会的勢力に融資をしていたことが発覚し、これを機に銀行による反社会的勢力への貸付をより厳しくするべきという声が増えたため、銀行も貸付の際に警察庁のデータベースに照会することが必須となったというわけです。

 

そして警察庁のデータベースに情報を照会するには時間を要するため、銀行は翌営業日以降でないとカードローン審査の結果を出すことができなくなってしまいました。

 

即日融資ができるかどうかは、早くお金を借りたい人にとって、カードローン選びの重要なポイントです。

 

なので銀行も、できれば即日融資の対応をしたいのでしょうが、法律で決まっている以上はどうしようもありませんね。

即日融資でお金を借りることに関するよくある質問

「即日融資ができるってことは、審査が甘いっていうこと?」

 

即日融資ができるカードローンは、スピーディな対応ができることから、審査についての疑問や質問が多く寄せられます。

 

そこで、即日融資に関するよくある質問をまとめました。

 

即日融資ができるカードローンの審査は甘い?

即日融資は、すぐに審査が終わってその日のうちにキャッシングができることから、「審査が甘いのでは?」と思われることも多いですが、即日融資だからといって審査が甘いことはありません。

 

消費者金融のカードローンは、申し込んだ人のうち約半数は審査に通らないくらい、厳しい審査が行われています。

 

審査の質を落とさずに、早く審査結果を出すことができるのは、審査のコンピューター化と豊富な融資経験によるもの。

 

コンピューターによるスコアリング審査が可能になり、基本的な評価をするのに時間がかからなくなったことと、これまでの融資経験により早く審査結果を出せるようになったことが、スピーディな審査を可能にしているのです。

 

「もし審査に通らなかったらどうしよう?」
「自分でも審査に通るかな?」

 

このような不安を抱えているなら、申し込む前に事前診断をしてみてはいかがでしょうか?

 

各カードローンの公式サイトでは「1秒診断」や「シミュレーション」といったかたちで、年収や他社借入金額など3つほどの質問に答えるだけで、審査に通るかどうかをすぐに診断してくれます。

 

もちろん診断は無料です。時間もかからないので、心配な方は一度お試しください。

消費者金融 サービスの名称 入力項目
プロミス お借入シミュレーション

・生年月日
・年収
・他社借入金額

アコム 3秒診断

・年齢
・年収
・他社借入金額

アイフル 1秒診断

・年齢
・雇用形態
・年収
・他社借入金額

レイクALSA お借入れ診断

・生年月日
・年収
・他社借入件数
・他社借入金額

SMBCモビット お借入診断

・生年月日
・年収
・他社借入金額

※借入可能と診断されても、実際の審査に通らないこともあります。

 

大手消費者金融よりも街金の方が審査に通りやすい?

即日融資をしてくれる消費者金融はアコムやアイフルといった大手消費者金融のほかに、あまり名前を知られていない中小の消費者金融、いわゆる「街金」もあります。

 

街金は、大手の消費者金融に比べて「審査が甘い」「審査に通りやすい」というイメージを持っている人が多いようですが、あながち間違いではありません。

 

街金の利用者は、アコムなどの大手消費者金融の審査に落ちた人や、自分の信用情報に自信がない人が多く、そういった人への貸付も行っているからです。

 

ただし審査は、しっかりと行われます。

 

大手消費者金融の審査に落ちた人は、なんらかの理由があって落ちたはず。

 

そんな人に対して適当な審査でお金を貸しても、中小消費者金融にとってなんのメリットもありません。

 

ですからお金を借りることはできても、あなたが望むとおりの条件での借り入れは、難しいかもしれないですね。

 

専業主婦も即日融資でお金を借りることができる?

結論からいうと専業主婦(主夫)が即日融資でお金を借りることは難しいでしょう。

 

そもそも個人で収入がない専業主婦の方は、総量規制により消費者金融でお金を借りることができません。

 

銀行カードローンですと、審査に通ればお金を借りることができますが、銀行カードローンは即日審査ができないので、申し込み当日にお金を借りるのは不可能です。

 

専業主婦がお金を借りる方法としてもうひとつ考えられるのは、総量規制の例外である「配偶者貸付」という制度。

 

配偶者貸付制度は、配偶者と本人の年収を合わせた3分の1以下の金額を借りる事ができる制度です。

 

配偶者貸付制度に対応している消費者金融なら、専業主婦でもお金を借りることができますが、配偶者との婚姻関係を示す書類の提出が求められ、普通のカードローンよりも審査に時間がかかります。

 

絶対に不可能とはいいませんが、配偶者貸付制度での即日融資は難しいと考えていいでしょう。

【まとめ】即日融資でお金を借りるなら審査時間がかからない工夫を

急いでいるときって、どうしても焦ってしまいますよね。

 

ですが早くお金を借りたいときほど、冷静になることが大切です。

 

カードローン選びから申し込み、借り入れまで、即日融資がスムーズに完了するように落ち着いて手続きをしましょう。

 

即日融資でお金を借りるなら、審査時間がかからないように次のような工夫をすることをオススメします。

  • 混まない時間帯に申し込む(平日午前がオススメ)
  • 希望限度額は本当に必要な金額で申し込む(10万円〜20万円までの少額が理想)
  • 他社借入件数や借入金額はできる限り減らす
  • 申し込み内容は間違いがないよう慎重に記入する
  • 在籍確認がすぐできる日に申し込む

また、消費者金融の審査受付時間は21時までです。

 

申し込みは24時間できますが、審査ができる時間は決まっているので注意してください。

このページの先頭へ戻る